TOMOEGAWAグループ三和紙工株式会社
社屋写真

沿革 History

昭和23年4月 (株)巴川製紙所の関連会社として設立。
本社を東京に、工場を静岡に設置し、大型クラフト紙袋の製造を開始する。
昭和33年3月 岡山市に西大寺工場を開設。
昭和43年3月 ペーパークロス袋の胴貼技術を開発し、両工場で生産を開始する。
同時にサンテナ(クロスコンテナ)の生産を開始する。
昭和48年8月 草薙工場を閉鎖し、静岡営業所を開設。
昭和54年1月 岡山営業所を開設。
平成02年1月 西大寺工場にホクサイ(ランニングコンテナ2種)の製造設備を設置し、生産を開始する。
平成06年10月 茨城県牛堀町に牛堀工場を新設。
平成13年4月 牛堀町と潮来町の合併に伴い、工場名を鹿島工場(現:鹿島事業所)に変更する。
平成16年10月 ECO開発部を新設し、紙ネット・紙ペグなどの販売を開始する。
平成17年5月 紙販売部を新設し、巴川製紙の紙代理店業務を開始する。
平成21年3月 フレキシブルコンテナ性能試験装置を導入。
平成21年4月 岡山市の政令指定都市移行に伴い、西大寺工場を岡山工場(現:岡山事業所)に変更する。
平成21年4月 本社所在地を東京都中央区京橋より東京都中央区日本橋に移転する。
平成30年11月 本社所在地を東京都中央区日本橋より東京都中央区京橋に移転する。

三和紙工マーク 三和紙工株式会社
 〒104-0031 東京都中央区京橋2-1-3(京橋トラストタワー)

TOMOEGAWAへ